武蔵境の歯医者なら武蔵境歯科ブライトクリニック

esthe審美歯科治療

MENU

審美歯科治療orthodontics

白い歯にしたい!

昨今では銀歯を「白い歯」にすることが一般的になってきています。
白い材質の歯科材料がどんどん進化してます。
歯全体に被せるタイプ(クラウン)と、穴の開いたところにだけ詰める(インレー)ものがあります。
白い歯科材料の種類は、大きく分けて、ハイブリッドセラミック、セラミック、ジルコニア(人工ダイヤ)、強化プラスチックなどがあります。
保険適用内での白い詰め物は、「コンポジットレジン修復」といい、歯科用強化プラスチック(合成樹脂)を用います。
ハイブリッドセラミック、セラミック、ジルコニアなどは自由診療となります。保険が利きませんので高額ですが、丈夫で長持ちしますし、プラスチックより美しく仕上がります。噛み合わせも安定します。

審美歯科治療の種類Types of cosmetic dentistry

  • クラウン(Crown)/被せ物

    クラウンとは王様がかぶる王冠の事で、歯科では歯に対するかぶせ物の事となります。
    詰め物やインレー、アンレーなどでは被覆できないほど欠損が大きい場合、クラウンを被せます。
    「被せ物(かぶせ物)」とも呼びます。

  • セラミック(ポーセレン)/オールセラミック

    一般的に陶磁器全般をさします。高温で焼き固めて作る物で、吸水性が無く硬質です。
    歯と同じような外観のため、クラウン(かぶせ物)やインレー(詰め物)に使われます。
    金属を使用しないメタルフリーですので、金属アレルギーの心配はありません。

    ※オールセラミックとは、金属を一切使わずに、セラミックだけで行う治療のことです。
    ※金属と違い、割れることもありますので、噛み合わせが不自然な方や歯ぎしりをする方は、歯科医師によく相談して下さい。

  • セラミッククラウン

    1.セラミックメタルボンド クラウン (金属がベース)
    メタルボンドクラウンは金属のかぶせ物の外側に、白いセラミックを焼き付けて本物の歯のように見せた物です。
    金属がベースですから強度に優れています。

    2.オールセラミック クラウン (すべてセラミック)
    オールセラミックスクラウンは、セラミックの材質の進化と共に、かぶせ物のすべての部分をセラミックで作成した物です。
    歯と近い外観を持つ素材のため自然に仕上がります。
    しかしメタルボンドクラウンに比べると強度は落ちますので、咬み合わせる力の強い奥歯には使えない場合もあります。
    金属を使用しないメタルフリーです。

    3.ジルコニアセラミック クラウン (人工ダイヤがベース)
    ジルコニアセラミックスクラウンは、人工のダイヤモンドであるジルコニアをベースとしてかぶせ物を作り、そこにセラミックスを焼き付けた物です。
    強度も金属同様に高いので丈夫であるということ、ベースも焼き付けるセラミックも歯と近い外観を持つ素材のため自然に仕上がります。ただしジルコニアが硬すぎて、噛み合わせに適さない場合もあります。
    金属を使用しないメタルフリーです。

  • セラミックメタルボンドクラウン

    金属のベースの上にセラミックやレジンを焼き付けます。金属がベースとなっているため、強度があります。
    自然に近い白さを再現できます。
    ※セラミックの部分は、金属と違い、割れることもありますので、噛み合わせが不自然な方や歯ぎしりをする方は、歯科医師によく相談して下さい。

  • ハイブリッド(Hybrid)

    二つ以上の異なる物質を組み合わせた物のことをさします。
    金属を使用しないメタルフリーです(金属アレルギー対応)。

  • ハイブリッドセラミック

    「硬質レジン」というプラスチックと「セラミック(陶材)」を混ぜた物の事です。
    かなり自然に近い白さを再現できるので、天然歯に近い仕上がりが期待できます。
    金属を使用しないメタルフリーで、この材質だけで作れば金属アレルギーの心配がいらないというのも特徴の一つです。インレーやクラウン、ブリッジに適応できます。
    プラスチックが混ざっているため、長年の使用で若干、変色する場合もあります。
    ※金属と違い、割れることもありますので、噛み合わせが不自然な方や歯ぎしりをする方は、歯科医師によく相談して下さい。

  • ジルコニア

    オールセラミックです。ジルコニアは透明でダイヤモンドに近い屈折率があるので、ダイヤモンドに似る安価な人工ダイヤとして、指輪などのアクセサリーに多く使われています。
    金属を使用しないメタルフリーです。

    歯科ではその強度と光透過性のため、前歯のかぶせ物によく使われます。セラミックスと合わせ、ジルコニアセラミックスクラウンとして製作するのが一般的です。

  • イーマックス(E.MAX)クラウン

    高い審美性と耐久力をほこる、オールセラミックスです。
    一般的なセラミックの4~5倍も丈夫です。
    高い強度をもちながら、天然歯に近い摩耗性を持っているため、天然歯に優しい素材です。
    色は透明感があり、日本人にぴったり合う色がでますので一番良いと思います。インレーやクラウン、ブリッジに適応できます。
    「E.MAX(イーマックス)」は商品名です。イーマックス セラミックシステムを使用します。

  • パールエステ クラウン

    ハイブリッドの硬質レジンです。強度があり、また審美的にも優れた素材です。
    他の素材と比べ、着色しにくいというのも特徴です。インレーやクラウン、ブリッジに適応できます。

    操作性が高いため、精密なかぶせ物ができるので、耐久性も高いです。
    ハイブリッドセラミックの中では一番良いと思っています。金属を使用しないメタルフリーです(金属アレルギー対応)。
    「パールエステ」は商品名で、名前の由来は球状フィラーの製法にあります。

  • サンライズクラウン

    金箔を歯型に圧接し製作したキャップに、セラミックを焼き付けます。そのため適合がよいのが特徴の一つです。金属を使用しないメタルフリーです(金属アレルギー対応)。
    また、ベースが金箔なので歯の色とマッチし、他のセラミッククラウンに比べ、より美しく自然な色合いのかぶせ物ができます。
    ベースの金箔が薄いので、歯の切削量も少なくてすみますので、神経を残して治療することも可能です。
    「サンライズ」は商品名です。サンライズセラミックシステムを使用します。

  • 白金加金(はっきんかきん)

    ホワイトゴールド、Pゴールドともよばれる歯科用の金属です。
    金、銀、銅、パラジウム、プラチナなどを合わせた物で、一般的には金が6割含まれています。

    歯と合う白系の金属なので審美的にも使われますが、口腔内では安定し腐食に強く、加工する際に完成度の高い精密な技工物ができるのが特徴です。
    人との親和性が高く、長期持続性が高いので、一般的に使用される金属ですが、保険は適応されません。
    オールセラミックにしないなら歯科金属で白金加金が最高の素材です。長崎も最高によい金属の1つだと思います。「はっきんかきん」と呼びます。

  • 仮歯

    かぶせ物を作成する前に、必要に応じて仮歯を入れます。
    これは「歯を守るため」
    「削ったままだと歯がしみるため」
    「かみ合わせを変化させないため」
    「治療中でもかめるようにするため」
    などの理由があります。
    歯と同じような色をしたプラスチックで作りますので、見た目は本物の歯に近いものができます。しかし硬い物を咬んだりすると、やはり割れてしまうので注意は必要です。

    硬い物でなければ、普通に食事をなさって結構です。この仮歯ははずす物です。
    ですから取り外しが出来る接着剤を使用しておりますので、たまに取れてしまうこともあります。
    粘着性の高い食べ物はさけるようにしてください。はずれた仮歯はお持ちいただければ、ほとんどの場合そのまま接着することができます。

  • フルベイク

    フルベイクは歯に被せる金属部分の外側を、すべてセラミックで覆ったものです。
    フルベイクではないメタルボンドクラウンは歯の生えぎわ部分が金属となるため、歯肉が黒っぽく見えることがあります。

  • マージンポーセレン

    メタルを使用したメタルボンドクラウンを被せると、ベースに使われる金属が反映して、かぶせ物と歯茎の境目が黒く見えることがあります。
    このブラックマージンを解消するために、かぶせ物の端までセラミックを使用したものです。

初めての方
再診の方
初めての方
再診の方