武蔵境の歯医者なら武蔵境歯科ブライトクリニック

adhesive bridge接着ブリッジ治療

MENU

接着ブリッジ治療adhesive bridge

接着ブリッジと接着治療システム

こちらのページでは「接着ブリッジ」「接着ピンレッジブリッジ」と「接着治療」について患者様がしっかり理解できるように説明しております。

接着ブリッジと接着治療システム

接着歯科治療(接着治療システム)とは

歯の寿命を縮める原因

もう一度、虫歯になる原因

接着ピンレッジブリッジ

長崎の歯科治療について

接着ブリッジと接着治療システム

多くの患者様が思っていること


この願いを現実にする技術の1つに、「噛み合わせ技術」と今回ご紹介する「接着技術」(接着歯科治療/接着ブリッジ/接着コアetc)があります。
長崎が患者様にもっともお伝えしたい技術の1つがこの「接着歯科治療」です。

接着治療法だと接着ブリッジが脚光を浴びますが、1本の歯に対しても適応でき、歯をできるだけ削らずに治療し自然な見た目に戻すことができたり、歯に金属を接着したりもできます。
虫歯になっても、健康な歯をできるだけ削らないということは、歯の寿命が延ばす事に貢献してます。
麻酔注射も少しだけですむので、「怖い・痛い」思いをしないですみます。

現在の歯科の接着剤は非常に進歩していますので、30年以上接着している事も夢ではありません。実際「スーパーボンド」で長崎が治療した患者様でも30年くらい作り直さなくて良い方が多くおられます。
接着治療は、虫歯治療や、差し歯治療、神経(土台・コア)治療、ブリッジ治療(接着ブリッジ)、インプラント治療、様々なオペなど、応用できる技術で、実際、ほとんどの治療に用いています。

これまでの虫歯治療は、<”つめ物”や”かぶせ物”が取れないように大きめに歯を削っていました。
つめ物やかぶせ物が取れたりしないように、虫歯になっていない部分(健康な歯)も削っていました。
ブリッジ治療もブリッジが取れないように、大きめに歯を削っていました。

この接着歯科治療は、「虫歯になっているところ以外はできるだけ削らない」つまり「健康な歯はできるだけ削らない」治療を実現します。
虫歯は「虫歯の部分」だけまず削り、ほんの少しだけ健康な歯も割れたりしないように形を作りながら削って、その後、接着治療で人工歯をくっつけることで元の歯の形に戻します。
欠けてしまった歯は、残った歯を生かしながら、元の歯の形に「接着技術(接着治療)」を駆使して戻します。
歯が割れてしまった場合でも、歯の周囲の骨がしっかりしていれば、割れた歯を接着して(接着の技術は少し熟練が必要ですが)歯をもう一度 植え直すことも可能な場合があります。

接着歯科治療(接着治療システム)とは

「接着(せっちゃく)」という言葉は一般的には「接着剤」以外にあまり聞き慣れないと思いますが、「日本接着歯学会」という名前の学会があるくらい、歯科業界では知られた言葉です。
「噛み合わせ治療」と同じく、歯科治療の成功の鍵を握っている技術だと思っています。
この接着治療(接着技術)は、長崎が行う、あらゆる治療に使われています。長崎の治療法の基本技術の1つになっています。
この接着技術のあるおかげで、他の医院様では治りにくい症例に対しても、よい結果を出していけるのだと思います。

例えば、虫歯になってしまい治療する場合、まず虫歯になった部分を削ります。
それから削った部分を元に戻す(補綴物(ほてつぶつ)でふたをする)ために、人工物である「つめ物(インレー)」か「かぶせ物(クラウン)」を作り、歯に取り付けます。
(※接着ブリッジは、この補綴物が3本以上つながっているとお考え下さい)
この「つめ物」または「かぶせ物」を装着するときに、長崎は特殊な「接着治療」を用います。

まず
→虫歯の部分だけを、最小限に削ります。

→「つめ物」または「かぶせ物」は、患者様にあった金属アレルギー等のない(一般的な歯科治療に使われている銀歯(銀アマルガムや金パラ等の材料は体に良いものではありません)、強度のある素材のよいものを選びます。
「つめ物・かぶせ物」自体の耐久性の良い材料を選び、化学的に処理します。

→自分の歯の表面を強化させるレジン系の歯科材料を使って、今後、虫歯にならなくするための前処理をします。

→歯と人工歯の間の歯面(しめん)と人工歯の両方を<歯科専用の強力な接着剤>で強力に接着します。

→虫歯のバイ菌が侵入できなくなるので、何度も虫歯になることを防ぎ再治療を減らします。

つまり
・できるだけ歯を削らない
・治療した部分にばい菌を入り込めなくすることで虫歯の再発を防ぐ
・自然な見た目に歯を戻す
これが接着治療システムです。

歯の寿命を縮める原因

虫歯治療や差し歯治療のほとんど(90%以上)は、長い年月の間に、二次腐食(虫歯の再発)となります。
一度治療した場所をもう一度治療する「再治療」が何度でもなされています。
同じ場所に虫歯ができるのです。
治療するたびに歯を削るため、自分の歯がどんどん小さくなっていきます。
これが歯の寿命を縮める原因の1つです。

せっかく治療したのだから、できることなら、もう一度 虫歯になったり、歯の作り直しになりたくないですよね。
接着治療システムがお役に立てます。
接着治療システムは、「できるだけ抜かない。できるだけ削らない治療。」ともいえます。

もう一度、虫歯になる原因

虫歯を治したのに、もう一度虫歯になってしまう原因をお伝えします。
自分の歯と銀歯(保険診療)の間は、セメントでくっつけていますが、時間とともにセメントが唾液で溶けたり、噛む力で破壊されたりしてスキマができ、スキマから虫歯のバイ菌が入り虫歯が進行してしまいます。
接着治療のよいところは、歯と人工歯(補綴物(ほてつぶつ))を強固に接着をすることで、ばい菌が侵入できなくなるところです。
さらに、歯の表面の接着面も強固にさせています。
もしも、何らかの強力な力が接着した箇所を襲うことがあったとしても、ほとんどが自分の歯の部分(接着面ではなく、接着面の周囲)で破壊されてしまうようです。

まれに接着面積が少ない時には、強力な力によって接着剤がはがされますが、その歯面は虫歯にはなっていません。
万が一、人工歯がとれてしまっても、虫歯になっていないというのは、患者様にとってとても良い話だと思うのです。
そのとれた人工歯(補綴物(ほてつぶつ))をもう一度接着できることもあります。
接着治療システムは、「再治療を防ぎ、歯の寿命を延ばす治療。」ともいえます。

接着ピンレッジブリッジ

接着ブリッジだと取れてしまうだろうと予想できる症例の場合は、 「強さ」を出すためによりテクニックを使います。
神経を削らないように、なるべく歯がもつように、小さなピン穴を形成します。
ピン穴にピンを刺すようにブリッジを装着します。
ピンを用いる事でブリッジが強くなります。
ピン穴の長さは接着治療を用いれば短くする事ができます。
あまり歯を削らなくてすみます。 ピンは3つです。
こちらも接着ブリッジと同じく、患者さんにとっては歯を削る量が圧倒的に少ないという利点があるものの、作る側からすると繊細な作業が必要になるので「歯を削ったり」「ブリッジの型をとったり」する事が技術的にもの凄く難しくなります。
耐久性については「技術」に依存する部分が大きく、ドクターと技工士の腕が大きく左右します。
接着治療を用いた「接着ピンレッジブリッジ(接着性ピンレッジブリッジ)」だと通常のピンレッジブリッジよりも歯を削る量が少なく強いブリッジができます。

<<歯を削る量の目安>>
(少ない)接着ブリッジ  < 接着ピンレッジブリッジ < ピンレッジブリッジ < 普通のブリッジ(多い)

長崎の歯科治療について

長崎の歯科治療は、積極的に接着治療システムを取り入れることにより、長年再治療を防いできています。
30年以上、接着歯科治療をしています。
本格的な接着歯科治療は、手間と時間がかかりすぎるので、一般的には自費診療(自由診療)になります。

ご予約

初めての方
再診の方
初めての方
再診の方