歯科用CTによる検査

インプラント治療にはCTは必須

CTとはComputed Tomography (コンピューターによって解析された断層写真)の略です。
デジタルレントゲン画像をコンピューターによって再構築し、より精密で見やすい断層写真を得ることができます。

導入しているCTは他社が備えるすべての機能を持ち、トップクラスの照射範囲を誇っております。「親知らずの奥から背骨まで」が見られるのはこのCTだけです。医科用X線CTと比較して、この歯科用CTの被爆量は1/100~1/30程度ですから、安全性は申し分ありません。特に当医院のCTは、歯科専用のCTとして開発されたもので、顎顔面に特化した素晴らしい映像が得られます。
医科に比べ、歯科ではさらに細かく正確な情報が必要ですから、より精度の高いCTが必要なのです。

CTスキャンのメリット

CTのメリットは、なんと言っても今までのレントゲンで見にくかった、また見えなかった部分が鮮明に見えるということです。
形だけの二次元的な情報だけではなく、「骨の厚みや骨密度」まで分かります。
さらに歯や歯槽骨(しそうこつ)だけではなく、「上顎洞(じょうがくどう)や病巣」の確認にも役立ちます。
「骨の状態や神経や血管の位置」を正確に把握する事で、治療の安全性が高まります。
オペの事前確認が可能になるため、切開部分が狭くなることで患者さんの負担軽減につながり、治療時間も短くなります。

CTがない時のインプラント手術は、実際にメスで開けてみないと、インプラント本体の太さや長さ、種類が決めきれないという部分があり、事前にインプラント本体をたくさん用意する必要がありました。
もちろん大体のことは今までのレントゲン画像でも分かっておりましたが、メスで開けてみて、骨を直接確認して、最終的な診断を下すという方法が取られていたわけです。

今はCTによってより正確な情報を得られますから、そのようなことはなくなりました。
CT導入のメリットは、もちろん患者さんに対してのメリットは計り知れません。 手術の時間の短縮はもちろんのこと、診断の説明も容易になります。
3D映像をお見せすることで、今までより深く簡単にご理解いただけると思います。
さらにパソコン画面いっぱいに「治療部位」を表示できるというのもメリットの一つです。 昔のレントゲンは歯と同じ大きさで表示されていましたが、CTの画像は大きな画面に表示すれば、それだけ大きく歯を映し出すことができるわけです。

特にインプラント治療は歯を失った方への治療がほとんどですから、ご高齢の方も多いので、「CTは、見やすいし分かりやすい」と大変好評をいただいております。

旧型レントゲン画像

従来のレントゲンでも、「歯や骨の形」など十分に確認することができます。多くの診断に役立っておりました。

安全なオペのための装置

生体管理モニター

血圧と脈拍をモニタリングするための機械を導入しています。
インプラント手術前から「血圧と脈拍」を正確に測定し、記録することができます。
パソコンの画面から、患者さまの「緊張度と不快度」の変化を色で表示します。
当日の体調を入力することができるので、お一人お一人の患者さんに合わせてモニタリングをすることができます。

WEBでのご予約はこちら

電話でのご予約はこちら

電話番号:0422-27-8102

武蔵境駅徒歩から30秒の歯医者 「武蔵境歯科ブライトクリニック」

【住所】
東京都武蔵野市境1丁目2−1 丸十ビル5F

タイトルとURLをコピーしました