大切な歯を失った方へ

大切な歯を失って悩んでいませんか?

失って初めて気づく歯の大切さ

日本には保険治療があるおかげで、歯の治療は保険でも受けられます。しかし歯への意識が低くなってしまい失ってから大切にしようとしているのが現状です。

■ 歯を一本でも失ってみると、その大切さを改めて実感し、同時に、日常生活の中で、歯以外にも様々なものを失ってしまうことに気づかれるでしょう。

■ 歯の最も重要な役割は、「噛む」ということですが、それ以外にも、自然な笑顔、美しい表情を作るために大切な役割を果たしています。
歯は、その人のライフスタイルやライフクオリティーにも大きく影響しているのです。

■ 歯を失ったために、それまでの好物や、硬い物を食べることができなくなったり、歯や口元が絶えず気になって、表情豊かな自然な笑顔もなくしてしまいます。

■ また、言葉がはっきりしゃべれないので、人と会うのまでつい億劫になります。
さらに、噛み合わせがうまくいかなくなって、筋肉痛や頭痛、肩こりに悩まされることもあります。

■ 事故などで歯を失うトラブルにあった場合は、歯を失ったことが、その人の性格に変化を及ぼすこともあります。

■ そうした方々は、歯の機能はもちろん、以前の美しい歯を取り戻すためにも、できるだけ元通りの形になるような治療を望まれるでしょう。

■ このようなお悩みを持つ患者さんのために研究、開発されてきたのが、インプラント(人工歯根)による治療法です。

■ 人間は、健康な歯で、しっかり噛んで食事をすることで、活力をつけ、明るい笑顔になるものです。インプラント治療によって、健康な身体と心を取り戻して頂けたなら、歯科医師として、これに勝る喜びはありません。

■ 次に歯の構造について説明します。次がとても大事ですので、ぜひ読んでみて下さい。

→ インプラントによる治療

タイトルとURLをコピーしました