歯の接着ブリッジについて

接着ブリッジとは?

接着ブリッジ(接着性ブリッジ/接着治療)について

歯科用の接着剤や技法の進歩とともに、長崎の治療では「歯の削る量が少ない接着ブリッジ(自由診療)」を20年以上前より導入し、良好な結果を得ています。
接着ブリッジは、通常のブリッジと同じように、歯を支えるために隣接した歯を使いますが、土台となる歯の切削量がとても少ないのが特徴です。歯を削る量は1~2mm位とふつうのブリッジに比べてほんのわずかです。
歯を削った(切削)後、型を取り、そして、メタルでできた小さな維持装置を付けたブリッジを歯の裏に接着します。ブリッジができあがるまでに1週間ほどお時間をいただきます。

メリットの大きな治療方法ではありますが、症例が限られます。歯がない部分(欠損部)の位置と幅、かみ合わせ、噛む力、残っている歯、骨の状態など条件が合えば治療が可能となります。
ブリッジの土台の作り方とメンテナンスのやり方によっては、10年以上もつことも多いのです。もちろん歯科用の接着剤の種類や歯科医の創意工夫や腕にもよります。
長崎は「スーパーボンド」を使用しています。この治療法は誰にでもできるわけではなく歯科医師の技術が必要な治療方法です。

歯を削る量が少なければ、自分の歯を長期にわたってもたせることができます。
接着ブリッジは多くの場合、神経を残すことが出来ますから、天然歯のもちは大幅に延びます。
神経が残っている歯と残っていない歯の寿命は格段に違います。
神経を残して治療することが出来れば、抜歯になる時期を大幅に遅らせることができます。歯は一度削ってしまえば元には戻りませんから最初の治療が肝心です。

接着ブリッジは歯を削る量が少なくてすむため、インプラント治療はコスト的に合わない、あるいは手術が怖い、でもできるだけ他の歯に対するダメージは小さくしたい、歯の神経は取りたくないといった方にも最適です。 適応症であるかどうかが問題となってきますが、可能であれば接着ブリッジという選択はよいでしょう。

通常のブリッジと接着ブリッジどちらがいいの?

通常のブリッジのメリットは?
多くの場合保険が適用されるので安価であること。
選べる症例が多い事。かなり多くの方に治療が可能です。

欠点(デメリット)としては

接着ブリッジのメリットは?
・削る量が少ないので、自分の歯の寿命が伸びること。精神的に楽なこと。
・残っている歯の神経を取らずに治療ができる場合が多いこと。
・残っている歯の表面を削らずにすむので、外観上自分の歯の色を維持できる。
・歯を覆う部分が少ないため、ブリッジの縁が歯肉に対して悪影響を与える可能性が少ないこと。
・歯の抜けた真ん中の部分の骨が次第にやせていく
・インプラント治療と比較すると、歯を削るので寿命が短くなる


※あまり削らないブリッジとしては、ピンレッジブリッジがあります。 歯に小さい穴を開け、文字通りピンを刺すように歯を装着します。 接着治療を用いた、「接着性ピンレッジブリッジ」だと通常のピンレッジブリッジよりも歯を削る量が少なく強いブリッジができます。

接着ブリッジはできるケースとできないケースがあります

両側の支えとなる歯の状態と欠損歯の状態によっては、接着ブリッジができず通常のブリッジ(またはインプラント)をオススメする事があります。
例えば、両側の歯がすでに治療がほどこされていて、かぶせ物がしてあったり、進行した歯周病にかかっている場合。または歯がない本数が多い場合などです。

また、「接着ブリッジ」も「通常のブリッジ」もできない場合もございます。その場合は「インプラント治療」や「入れ歯治療(ミニインプラント)」をお勧めしています。一度ご相談下さい。

接着ブリッジの初診相談の書き起こし

相談にいらして下さいと言っても、どのような雰囲気でどのような話になるのか予想がつかず、歯科医院へ行く足が重いこともあるかと思います。
他の患者様が「接着ブリッジの初診相談」にいらっしゃった時の内容を書き起こしました。参考にされて下さい。こちらで読めます。
そして、接着ブリッジについて、もっとよく知りたいという声が多かったので、「接着ブリッジの特設ページ」を作成しました。

→ 接着ブリッジ特設ページはこちら。

WEBでのご予約はこちら

電話でのご予約はこちら

電話番号:0422-27-8102

武蔵境駅徒歩から30秒の歯医者 「武蔵境歯科ブライトクリニック」

【住所】
東京都武蔵野市境1丁目2−1 丸十ビル5F

タイトルとURLをコピーしました